アマグラミング

プログラミング初心者が勉強したことを復習とメモがてら書いているだけです。

(38)ソースコードに文字コードの設定を書いておく

さて前回はコンソール上で文字コードを指定してプログラムを実行しました。

 

次のような記述を行うことでコンソール上で指定した場合と同じことができます。

#! ruby -K[kcode]

kcodeの部分には文字コードによって値が違います。

 

これをソースコードの先頭に記述します。

 

#! ruby -Ks シフトJISならこうだし

#! ruby -Ku    UTF-8ならこう。

 

ここらへんも前回の文字コードの指定と同じ。

 

しかし、私はこの役目って本来#coding ~~~

のところがやっていると思ってたんですよね。

というかそこらへんの違いや、役割がわからなくなってきました。

 

・・・そもそもutf-8文字コードとして推奨されているわりに

日本語の出力がなんか怪しい気がするんですよね。

 

まあ初心者がああだこうだいってもしかたないのかもしれませんが。

 

今回はこれくらいで。

 

次の記事です。

tiroru17proguram.hatenablog.com