アマグラミング

プログラミング初心者が勉強したことを復習とメモがてら書いているだけです。

(81)case文でクラスを判別する。

case文でクラスを判別する文が書けるらしいんですよ。

へーと思ったので

 

a = ["あ",159,nil]

 

#こんな風に配列を作りました。

 

a.each do |nyan|

case nyan

when String

 puts "string class" 

when Numeric

 puts "numeric class"

else

 puts "something class"

end

end

 

これを実行すると

f:id:tiroru17:20170629142719p:plain

 

できた。

へーへーへー。

こんなこともできるのかー。

クラスも値に使えるわけですねー。

 

ほかにもいろいろできるみたいですね。

正規表現をもちいたりとか。

 

まあでも、めんどくさいから初心者の私みたいなのは

とりあえずif文とかで書けるようになればいいんでしょうけど。

覚えなくても、知っているか知らないかは大事ですものね。