アマグラミング

プログラミング初心者が勉強したことを復習とメモがてら書いているだけです。

(98)特定の例外を処理させる

rescueの後に例外のクラス名を付けることによって

その例外の時だけ行う処理を書けます。

 

例外もオブジェクトです。

全ての例外はExpentionクラスのサブクラスです。

そしてエラーの種類に応じた例外を定義しています。

 

組み込みの例外クラスは

http://doc.okkez.net/static/1.8.7/library/_builtin.html

ここで確認するとよいと思います。

 

継承関係になっていて、

Exceptionクラスを基にしています。

そのサブクラスにSystemExitクラス、NoMemoryErrorクラスなどがあります。

 

rescue節で指定する例外の種類は例外クラスの例外名です。

rescue節で例外クラスを指定しない場合は

StandardErrorとそのサブクラスが補足されます。